永久抹消登録

永久抹消登録とは、自動車をもう使用しない場合で、解体等をする場合の手続きです。
いわゆる廃車手続きのことです。
再登録する見込みのある場合は、一時抹消登録を申請することになります。

それでは、永久抹消登録申請に必要な書類を見ていきましょう。

永久抹消登録申請書

所有者本人が触接申請する場合は実印が必要です。

印鑑証明書

発行されてから3か月以内のものが必要です。

  • 申請者(所有者)が法人の支配人による申請の場合は、商業登記簿謄本または抄本もしくは登記事項証明書を添付する必要があります。
  • 所有者が未成年者で印鑑証明書が発行されない年齢の場合は順民表に変えることができます。
  • 申請者(所有者)が外国人で印鑑証明書の提出できない場合は、大使館又は領事館若しくは官公署が発行したもので氏名、住所が記載されたサイン証明書で変えることができます。
  • 申請書(所有者)が国内に拠点がなく印鑑証明の発行を受けることができない場合は、「本国法に準拠して成立し法人格を有していること、法人を代表する権限を有する者及びその者のサインについて、当該外国の官憲が証明した書面」、又は、「日本における領事館が当該商事会社は本国において法人格を有する旨及び日本における代表者である旨を認証した書面と日本における代表者のサイン証明書」が必要です。
    なお、上記書類が外国語で作成されている場合は、翻訳文を点しなければなりません。また、翻訳したものの氏名、住所、押印も必要です。
委任状

代理人による申請の場合は必要で、実印を押印しなければなりません。

自動車車検証
自動車登録番号票

ナンバープレートのことですね。

所有者の氏名又は名称、もしくは住所に変更があった場合に必要な書面
氏名又は名称が変更したこと、もしくは住所のつながりが証明できる次のような書面が必要です。
  • 所有者が個人の場合で、住所の変更があった場合
  • 住所のつながりが証明できる住民票又は住民票の除票、戸籍の除票
  • 所有者が個人の場合で、氏名の変更があった場合
  • 氏名の変更の事実が証明できる戸籍謄本または抄本もしくは閉鎖謄本、登記事項証明書
  • 所有者が法人の場合で住所の変更があった場合
  • 住所のつながりが証明できる商業登記簿謄本または抄本もしくは閉鎖謄本、登記事項証明書
  • 所有者が法人の場合で名称の変更があった場合
  • 名称の変更の事実が証明できる商業登記簿謄本または抄本もしくは登記事項証明書
  • 所有者の住所の変更の原因が住所表記の変更の場合
  • ・個人の場合:市区町村の発行した住居表示の変更の証明書
    ・法人の場合:商業登記簿謄本または抄本もしくは登記事項証明書、又は、住居表示の変更の証明書
事業用自動車連絡書

自動車運送事業用に使用する自動車の場合に必要です。

所有者が死亡している場合に必要な書面

相続人のうちの一人の申請によるものでも受理されますが、被相続人と申請人の相続関係及び被相続人の死亡が確認できる戸籍謄本等も必要になります。

お問い合せ

  • 代表: 菅原 章義(すがはら あきよし)
  • 所属 : 広島県行政書士会
  • 登録番号: 第20340819号
  • 住所: 広島県三原市港町1丁目19-13-3階
  • アクセス: JR三原駅徒歩8分、三原市役所徒歩5分
  • 電話: 0848-38-9517
  • FAX: 0848-38-9518
  • 営業時間: 9時~18時
  • 休日: 土日、祝日
    ただし、事前に連絡いただければ、土日、祝日および深夜対応可能です。

迅速、丁寧、お客様第一主義でお客様のビジネスを全力でサポートいたします。
お気軽にお問い合わせください。